子育てアイテム

出産祝いは「ママが助かる」がポイント高め!もらって嬉しかったものトップ3!

こんにちは、1歳のわんぱく男の子ワーママのなおむんです。

出産祝いって何を贈ればいいんだろう?と迷っているあなた。

お洋服、おもちゃ、育児アイテムなど候補がいろいろあって悩みますよね・・・。

赤ちゃん向けのかわいいアイテムをあげたくなるけど、「ママの育児が楽になるもの」という視点で選ぶのはどうでしょう?

わたしは実際に家族や友人から「多くのママが鼻水を吸うのに苦労してるらしいから」「寝かしつけにいいらしいよ」という言葉と共に出産祝いをもらって

「なんていいひと!!!」と思いました。

そう、そういう視点で選ぶとあなたの株も上がるんです。

この記事でわかること

  • 実際にもらって嬉しかった出産祝い
  • ママにとって嬉しいポイント

これを読めば相手もあなたも嬉しい出産祝いがわかります。

スポンサーリンク

もらって嬉しかった出産祝いトップ3!①ベビービョルンのバウンサー

では早速わたしが実際にもらって嬉しかった出産祝い3つをご紹介していきます。

各商品の詳細レポートはリンクの記事を参照してもらうとして、

ここではそれぞれの出産祝いに関係するポイントに絞って紹介しますね。

まずはベビービョルンのバウンサーから見ていきましょう。

バウンサーが嬉しい理由

バウンサーは赤ちゃんをあやすもので、揺らしていると寝てくれる神アイテム

赤ちゃんは昼夜関係なく寝たり起きたりを繰り返します。

うまく寝付けなくてぐずることもあるので、そういうときにバウンサーでゆらゆらさせてあげると寝てくれるんですね。

泣き止むだけでもありがたかった!

寝かしつけのためにずっと抱っこしてるって時間かかるし重いしめちゃくちゃ大変です。

ママも一日中まとまって寝る時間がとれないし、授乳の間に寝たり家事をしたりしたいもの。

そういうママに時間を作ってあげるためにもバウンサーは大活躍

ベビービョルンのバウンサー、ここがいい

我が家はベビービョルンのバウンサーをいただきました。

バウンサーはメーカーによってデザインや構造が違います。

ベビーカービョルンのバウンサーのいいところは、コンパクト収納ができること。

それから北欧デザインでおしゃれ!!

シンプルだからインテリアにこだわるお家でもあまり世界観の邪魔にならないはず。

おすすめはメッシュ

我が家はキルトタイプですが、通気性が良くて洗っても乾きやすいメッシュタイプがおすすめ

赤ちゃんってオムツが漏れちゃうこと結構あるんです。

だから洗いやすい、お手入れがしやすいのもポイント。

ベビービョルンのバウンサーはカバーが取り外ししやすくなってます。

詳細はこっちをチェック

スポンサーリンク

②The North Faceの抱っこ紐&ベビーカー用ブランケット

次に紹介するのが、抱っこ紐につけたりベビーカーにつけたりできる冬用の防寒ブランケット

わたしがいただいたのはThe North Faceのベビーシェルブランケットでした。

防寒ブランケットが嬉しい理由

これはもう冬のお出かけ必須アイテムだから。

冬は防寒用のブランケットを使わないという人はほどんどいないはず。

こういうやつ

ブランケットは出産祝いでもらわなくても自分で買う確率が高いもの。

でも、出産祝いでもらわなければ手軽にユニクロで買っちゃうかも。

ユニクロも全然悪くないけど、せっかくなら人とちがうメーカーのものをプレゼントされると嬉しいです。

ノースフェイスのブランケット、ここがいい

機能性は文句なし。

それから街中でかぶる確率が低めだし、かぶっても逆に嬉しい(←個人的感想)

ブランケットでよく見かけるのはやっぱりユニクロだけど、人と違うノースフェイスでちょっと嬉しくなってもらえるかも。

それから、パパの育児参加へのモチベーションアップが期待できるのがとてもよい!

生後1ヶ月ちょっとで喜んで抱っこして出かける夫

我が家ではこれをもらったら夫がめちゃくちゃ喜びました。

ブランケットはママの育児の負担を直接軽くするものじゃないけど、パパがやる気を出してくれたら結果的に楽になるんですよね。

だから男性人気も高いノースフェイスのものっていうのがポイント。

夏用もあり

わたしが実際に使っているのは冬用。

だけど夏用もあります。

夏用はおくるみやガーゼケットとか他のもので代用してる人も多いから、ちゃんと抱っこ紐やベビーカーにつけられる夏用ブランケットも感謝されるでしょう。

詳細はこっちをチェック

スポンサーリンク

③電動鼻吸い器のメルシーポット

最後は電動鼻吸い器のメルシーポット。

電動鼻吸い器が嬉しい理由

これは夫の女友達から「何がいいか調べたら、世の中のママは赤ちゃんの鼻水を吸うのに苦労してるから電動があるといいらしかったから」ということでいただきました。

初めて会った彼女、なんでいい人なんだと思いましたよね、完全に。

(その後何回か会いましたが本当にいい人でした)

そうなんです、鼻水はめちゃくちゃ大変なんです。

赤ちゃんは自分で鼻水を吸えなくて、放っておくと中耳炎になったりやっかいなことになります。

3歳くらいまで自分で処理できないので、親が吸い出してあげる必要があるんです。

手動というか自分の口を使ってチューブで吸うのもありますが、コツを掴むまで大変です。

わたしは外出用に買いましたがすぐに挫折しました。

電動でサクッと鼻水が吸えるアイテムがあるとかなり助かります。

メルシーポットの電動鼻吸い、ここがいい

ずばり吸引力

一瞬で吸えます。

嫌がる子供を押さえている時間が短いのでママにも子どもにもありがたいです。

コードレスタイプもおすすめ

わたしが使っているタイプは電源が必要なので、持ち歩きできないものだけど、

コードレスタイプもあります。

赤ちゃんの顔をおさえて吸引するなら固定タイプのほうがやりやすいものの、

場所を選ばずに使えるという点ではコードレスが便利。

メルシーポットの鼻吸い器は、ググってみると「いらない」という意見もあります。

1万円くらいするので、買わなくて済むならそのほうがいいですよね。

でも、プレゼントしてもらえたら絶対に嬉しいし役立つアイテムです。

ここまでで紹介したバウンサーやブランケットは出産準備で買う可能性がそこそこあるけど、鼻吸い器は最初から準備するパパママはそういません。

かぶらない可能性が高いという意味でも、鼻吸い器はおすすめ出産祝いです。

詳細はこっちをチェック

スポンサーリンク

出産祝いはママが助かるものを!あなたもママも嬉しいといい

以上、実際にもらって嬉しかった出産祝い3選をお届けしました。

まとめ

  • ママの自由時間を作れるバウンサー
  • パパの育児参加を促すブランケット
  • 3年闘う鼻水をラクに処理鼻吸い器

出産祝いって赤ちゃんのアイテムになりがち。

もちろん嬉しいけど、がんばるママは「わたしのために!?」と思えるともっと嬉しいです。

今回ご紹介しませんでしたが、授乳にはかなりのエネルギーを消費するので甘いものもおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおむん

1歳のわんぱく男の子ママ。元ゼクシィBaby「ママ隊」。金融機関でフルタイム勤務、休日はアクティブに遊ぶ。「子どもも自分も楽しめる生活をする」が最近のテーマ。30代、千葉市民。FP2 級。

-子育てアイテム
-,