おでかけ・観光・ホテル 子連れ旅行・観光

新幹線のぞみ、ベビーカーで優先すべきは11号車より「特大荷物スペース付き座席」

こんにちは、1歳のわんぱく男の子フルタイムワーママのなおむんです。

「のぞみに子連れで乗るなら11号車がおすすめらしいけど、ベビーカーが置ける席が取れなかったらどうしよう・・・」と心配してませんか?

そんなあなたに、GWに6号車で東京-京都を往復した体験を踏まえて、11号車の特大荷物スペース付き座席以外の座席の提案をしますね。

この記事でわかること

  • 「特大荷物スペース付き座席」のメリット
  • 11号車にこだわらなくていい理由

最後まで読めば、ベビーカーを持っていても安心してのぞみに乗れるようになります。

スポンサーリンク

ベビーカーありなら「特大荷物スペース付き座席」が最優先!そのメリット

11号車は「広いデッキ」「広いトイレ」「多目的室」があって、12号車と共に子連れに人気の号車。

しかもベビーカーを持って乗車するなら、「特大荷物スペース付き座席」を確保できれば最高!

でも、激戦です。

GWは予約開始日の午前中で既に埋まっていて指定席が取れませんでした・・・。

そういう場合の次の選択肢として、11号車・12号車を優先するんじゃなくて、「特大荷物スペース付き座席」の指定を取ることを優先してください!

金額は普通の指定席と同じなので、迷うことは何もありません。

「特大荷物スペース付き座席」のメリットは次の通りです。

ベビーカー置き場を必ず確保できる

「特大荷物スペース付き座席」が設定される前は、乗車してみて車両最後部のスペースが空いていれば自由にベビーカーを置けました。

でも「特大荷物スペース付き座席」を購入すれば乗車前にベビーカーが置けることが確定します。

畳めばこれだけスペースがあるので、他の人の荷物があっても置けないことはないでしょう

混んでいてベビーカーを置く場所が確保できない、という心配がなくなるだけで気持ちがラクになりませんか?

子連れで新幹線に乗ると気になることはいろいろあるけど、ベビーカー置き場を確保してまずひとつ解決しちゃいましょう。

ドアに近いから移動がラク

特大荷物スペース付き座席」は、各車両の最後部にあります。

ここですね

なので、ドアから近く乗車下車はもちろん、デッキに出たいときも便利。

11号車や12号車で中間部の座席より、他の車両でドアに近いところのほうが移動しやすくておすすめ。

寝てる子を起こさない!ベビーカーは開いたままでもOK

「 特大荷物スペース付き座席」はベビーカーを広げたままでも置けます。

開いた状態

わたしたちはママ2人と1歳5ヶ月2人の4人、ベビーカー2台で旅行したのですが、

なんと、3人がけの席ならベビーカー2台広げたまま入るんです!

2台広げて置いてはみ出る部分はこれだけ

息子は乗車前にベビーカーで寝ていたので、そのまま特大荷物スペースに入れて1時間くらい寝ていてもらいました。

寝ている子どもをわざわざ起こさなくていいんですよね、ありがたい。

座席が広く使えたしひとりでゆっくりできてとてもよかったです。

2人かげなら1台広げて置けます。

スポンサーリンク

6号車でも問題なし!子連れで乗ってわかった11号車にこだわらなくいい理由

のぞみは2種類の車両で運行されています。

わたしたちは東京ー京都の往復でN700S、N700Aどちらののぞみにも乗車できたので比べてみましたが、

N700Sのほうが新しいのでよりきれいだけど、どちらもそんなに変わらないです。

そして、往復乗車した6号車でも全然困ったことはありませんでした。

その様子をレポートしますね。

車いす対応座席や車いすで入れるトイレ、多目的室がある11号車以外は大体同じ構成になっているので、6号車の様子を参考にしてみてください。

のぞみの車内

6号車のデッキも悪くない

わたしたちは往復ともに6号車の「特大荷物スペース付き座席」を利用しました。

1歳5ヶ月ズは歩きたい盛り。

心配していたデッキの広さですが、在来線特急のデッキより広めの印象で、思っていたより動き回れてよかったです。

てくてく

広ければ広いほうがいいけど、6号車のデッキでもそんなに物足りなさは感じませんでした。

6号車付近のトイレは2種類

トイレは2種類。

ひとつはベビーチェアのみのタイプ、もうひとつはおむつ替えの台のみがついているタイプ。

一緒に乗車した友人はここでおむつ替えしていました。

おむつ替えの台をおろしても少しスペースに余裕があり、

新幹線は揺れも少ないことからそこまで困難ではなさそうです。

特急よりスペースに余裕あり

1歳5ヶ月が乗るとこんなかんじ

11号車の車椅子で入れる広いトイレですが、ベビーカーで入らなきゃいけないとき以外は絶対必要というわけではないので、こだわらなくてもいいでしょう。

スポンサーリンク

のぞみでベビーカー。より快適にするアイテム

「特大荷物スペース付き座席」を確保すれば、ベビーカーの心配はなくなりますよね。

ここではあったらもっと新幹線旅がラクになるアイテムを紹介します。

そのまま持ち運べるベビーカーバッグ

ベビーカーにバッグを付けて荷物を入れている人も多いと思います。

ウェットティッシュや飲み物、おやつ、お財布や携帯など入れられると便利。

だけど、ベビーカーから外してバッグだけ持ち歩くことを考えると

  • チャックやボタンで閉められる
  • 肩にかけられるストラップつき

がおすすめ。

抱っこ紐は簡易タイプ

ベビーカーも抱っこ紐も持っていくときは、抱っこ紐は小さく収納できる簡易タイプにしませんか

わたしはグスケットを愛用していました←無くした泣

グスケットは入荷待ちのこともあるから、ダッコルトも試したら使いやすかったのでこっちもおすすめ。

自分で取り出せるお菓子入れ

まだ自分で袋を持ってうまくおやつを取り出せない子だったら、取り出しやすいおやつ入れがあるとママの休まる時間が少し取れます。

便利なのはふたができる、中のふたは取り外してきれいに洗えるタイプ

我が家はアンパンマンを愛用中。

これみたいに取っ手があるものだと小さい子でも自分で持って食べられます。

だけど厚みがないタイプのほうが持ち歩きには便利。

スポンサーリンク

のぞみに子連れで乗るならこんな選択肢も

ここからは今までに触れていない、子連れでのぞみに乗るときに考えたい選択肢を紹介します。

「お子さま連れ専用車両」の利用

実はJR東海ツアーズが販売している「お子さま連れ専用車両」というのがあります。

これはその車両丸々子連れ専用なので、子どもが泣いたり騒いでもお互いさまであまり気を遣わなくていいという素晴らしい環境で新幹線に乗れるもの。

ただし、販売される時期はGWなど繁忙期のみのよう

特大荷物スペース付き座席が取れないなら、子連れ専用車両に乗ってみるのもいいですね!

上の荷物棚に堂々とベビーカーを置きやすいメリットもあります。

料金は東京-新大阪間で大人13,500円

って通常の13,870円より安い!

しかもドリンクまたはスジャータのアイス付き!

さらにWEB申し込みだと更なる特典も。

特大荷物スペースが必要ない人は絶対こっちがお得

>>JR東海ツアーズ

東京

ちなみに、6号車に設定されるみたいなのでデッキやトイレは今回ご紹介した通りです。

ベビーカーは座席に置く

「特大荷物スペース付き座席」が取れない場合、上の荷物棚にベビーカーを置くのは結構大変。

そんなときは、畳んで座席に置くのもあり。

というのも、のぞみの車両は座席の間隔が他の車両と比べてゆったりなので縦に置いても収まるんです。

ベビーカーを畳まずに置くこともできます

2人分以上の席を確保できれば、最悪奥に縦に置いて足を寄せる。

もしくは、横向きに置いても足を入れて座るスペースはあります。

在来線の特急のイメージだとつらいけど、のぞみならベビーカーを座席においてもなんとかなります!

大丈夫!

いっそのことコンパクト型に買い替える

「特大荷物スペース付き座席」が取れないこともあるし、在来線の特急は荷物置きスペースが狭いのでいろいろ旅行したい人は、ベビーカーをコンパクトになるものに買い換えてしまうというのも手。

我が家は荷物がほとんど積めない車を買ったので、コンパクトになるベビーカーをチェックしているところです。

6,000円で買えるものもあるから、だったら買ってもいいかなと!!

これは縦にたたむタイプだけど、2アクションで飛行機持ち込み可能サイズまで四角く変形できて網棚に上げたり座席の下に入れられるタイプも

これだったら「特大荷物スペース付き座席」を確保できなかったときも安心。

他にもリストアップしてるので、参考記事もチェックしてみてください。

参考記事

スポンサーリンク

最後に。11号車が取れなくても大丈夫!ベビーカーを持ってのぞみで出かけよう

以上、のぞみの6号車に乗った体験をもとに、ベビーカーで11号車以外でのぞみに乗車する方法を紹介しました。

まとめ

  • ベビーカーなら「特大荷物スペース付き座席」確保を優先
  • 普通のデッキでも歩き回れるスペースあり
  • 普通のトイレでもオムツ替えはできる
  • 「お子さま連れ専用車両」いう選択肢
  • ベビーカーは最悪座席持ち込みでもなんとかなる

ベビーカーは荷物になるけど、普段使ってるなら旅行にも持って行きたいですよね。

新幹線でベビーカー置き場を確保できればかなり気持ち的にも楽になります。

ぜひ「特大荷物スペース付き座席」の指定を取って乗車してくださいね♪

ブランケットはノースフェイス推し
旅行は簡易抱っこ紐もおすすめ!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおむん

1歳のわんぱく男の子ママ。元ゼクシィBaby「ママ隊」。金融機関でフルタイム勤務、休日はアクティブに遊ぶ。「子どもも自分も楽しめる生活をする」が最近のテーマ。30代、千葉市民。FP2 級。

-おでかけ・観光・ホテル, 子連れ旅行・観光
-,