子育てアイテム

オーボールとシリコンボール、人気ベビーボールは月齢で選べ!【比較レビュー】

こんにちは。“わたしのmamma”クリエイターのなおむんです。

そろそろ赤ちゃんにボールを買ってあげたいけど、どのボールがいいかな」と迷っていませんか?

迷っているのがオーボールとシリコンボールだったら、ぜひこの記事を参考に選んでみてください。

わたしは現在1歳になったなつむんが生後3ヶ月のときにオーボールとシリコンボール両方購入しました。

使ってみてわかったのは、月齢によって向いているボールが違うということ。

この記事でわかること

  • オーボールとシリコンボールの違い
  • 生後3ヶ月から1歳までのそれぞれのボールへの反応

この記事を読めば、お子さんの成長時期に合わせて向いているボールを選べるようになります。

スポンサーリンク

オーボールとシリコンボール、使う前後の比較

オーボールはいろんなおすすめサイトや人気ランキングで上位に入っている定番商品

でもSNSで見るおしゃれなボールも捨てがたいですよね。

あなたはどんな印象をお持ちでしょうか?

わたしはそれぞれのボールに対して魅力を感じながらも不安もありました。

ここでは、購入前と後でその魅力や不安だったところは何か、それが実際どうだったかをみていきます。

王道の安心商品「オーボール」

わたしが購入を検討していたオーボールは「オーボール ラトル」で、ベーシックなものにビーズが入っているタイプです。

この商品を買う前に感じていた魅力と、それが実際どうだったかをまとめました。

オーボール、使う前と後

  • 王道の定番商品で安心→定番だけあって長く楽しめる
  • はっきりした色合いで赤ちゃんのおもちゃに適している→淡い色のシリコンボールとの色違いでの興味の差はよくわからない
  • 線が細いので赤ちゃんでもつかみやすそう→その通り
  • 音がするので振ると楽しんでくれそう→大きくなってくると楽しそう
  • 原色系のカラーはおしゃれ感に欠ける→否定できないが気にならなくなる
  • 定番だから被りそう→被る。子育て支援施設にもだいたいある

元々感じていたおしゃれ感に欠けることや被りそうということはやはりそうでした。

でも赤ちゃんが遊ぶには関係ないので次第に気にならないように。

それから、購入前は遊んでくれるかどうかなんて気にしなかった、というか遊ばないという考えが浮かばなかったので上記のリストには入っていませんが、オーボールは最初はあまり活躍しませんでした

このことについては後ほどお伝えします。

おしゃれなだけじゃなくてちゃんと遊んでくれる「シリコンボール」

つぎにシリコンボールに感じていた魅力が実際どうだったかも見てみましょう。

シリコンボール、使う前と後

  • カラーがおしゃれ→めちゃくちゃかわいい
  • 柔らかいから当たっても痛くなさそう→当たってもそんなに心配にならない
  • 線が太いからつかみにくそう→まったく問題なし
  • おしゃれ優先にしたら親のエゴなだけでかわいそう?→ちゃんと遊んでくれて良かった
  • ゴミがつきやすいという口コミ→大して気にならない

シリコンボールを買うときに一番気になっていたのは、わたしはかわいいから使ってほしいと思っているけど、息子がまったく興味を持ってくれなかったらどうしよう”ということでした。

自己満で買って遊んでくれなかったら後悔しそうだなと思っていました。

でも、ちゃんと遊んでくれました

見た目すごくかわいいけど、なんとなくSNS映え重視の商品なんじゃないかと疑っていました。

なんと申し訳ないことを・・・。

スポンサーリンク

オーボールとシリコンボール、赤ちゃんの反応の比較

ではここからは実際になつむんが遊ぶようになった状況を、時系列で詳しく見ていきましょう。

生後3ヶ月

オーボールは期待していた通り、すぐに持つようになりました。

初日からオーボールで遊んでくれて嬉しい

 

買った当日から持って舐めようとしました。

自分から持つことはしないものの、近くに持っていくとつかんでくれます。

シリコンボールは当日なかなか興味を持たず、かわいいからと親のエゴで買ったことを後悔。

でも10日ほどすると両手でつかむようになりました。

そこから次第にシリコンボールが優勢に。

つかんだままミルクを飲んだり、けっこう気に入ってくれたみたいで、母は嬉しかったです。

エゴで買ってもよかったんだと、自分の行いが間違ってなくて安心しました。

楽しそうでよかった!

生後4ヶ月

興味はあるけどハミハミしてみるとできないので泣く頃

シリコンボールが気に入ったみたいなので、ベビーカーにホルダーをつけて持ち歩くようになりました。

そしてなつむん、シリコンボールをハミハミするように。

赤ちゃんの力でも押せば形が変わって口に入りやすくなるので、噛みやすかったのでしょう。

噛むと柔らかいシリコンの感触も気に入ったのかな。

反対にこの時期はオーボールの出番はほとんどなし

オーボールは噛みたいところが細くて短いので、なつむんの口には入らなかったのです。

大人が押せば潰れるオーボールも、赤ちゃんの力では潰すことができず、口に入る場所を作れません。

上手く噛めないので、イライラして泣くようになりました。

生後6ヶ月

この頃になると、オーボールも再び活躍し出します。

振ってみたり、わたしたちと引っ張り合いっこをして楽しんでいました。

また、わたしたちもなつむんに向かってボールを転がしてみることが多くなり、

転がりやすいオーボールの出番が多くなっていきました。

生後8ヶ月

このころにベビーカーにつけるボールが入れ替わりました。

だんだんオーボールで遊ぶことが多くなってきたからです。

オーボールをはいはいしながらドリブルするようになりました。

シリコンボールもドリブルすることもありましたが、こちらはつかんだままはいはいしていることのほうが多かったように思います。

柔らかいので、つかんだままはいはいしても手へのダメージはないみたい。

生後10ヶ月

オーボールはドリブルするのはもちろん、自分でぽいっと投げてそのあとを追いかけるようになりました。

シリコンボールも投げるのですが、柔らかいためほとんどぽてっと下に落ちて止まるだけでした。

てきとうにぽいっとしても転がりやすいオーボールのほうが楽しそうです。

1歳0ヶ月

まだ立ってしっかり歩けないなつむん。

でも、公園ではいはいさせるときに転がしやすいのはやはりオーボール。

投げたり転がしたりするには、形がしっかりしているオーボールのほうが芝生など抵抗がある場所には向いています。

1歳を過ぎるとあまりシリコンボールを触っているところは見かけませんでした。

スポンサーリンク

オーボールとシリコンボール、考えるべきは赤ちゃんがいつ使うか

生後3ヶ月から1歳までのなつむんの様子を振り返ってみると、月齢に応じて向いているボールが違っていました

そのまとめです。

月齢が低いときはシリコンボールがおすすめ

投げたり追いかけたりできない月齢の頃は、噛んで遊ぶのがメインでした。

そうすると噛みやすいシリコンボールがおすすめ

オーボールも噛めると思っていたのですが、ひっかける歯がないでの噛める範囲が狭くて硬いとまったく口に入らないのでダメでした。

オーボールはラトルになっていても振って遊ぶこともなかったので、この時期は噛むために柔らかくて形が変わって口に入りやすいシリコンボールのほうが適していました。

大きくなってからはオーボールがおすすめ

おすわりができるようになったり、ある程度自分で動けるようになってくるとオーボールがおすすめ

振ってみたり、追いかけてみたり、投げてみたり。

ある程度動けるようになったとはいえ、まだ力のコントロールが難しいので、1歳くらいではシリコンボールのように柔らかいものをうまく投げたり転がしたりするのはできませんでした。

長く使うならオーボール

積極的に動き回るなつむん

ここまで比較をしてきた結果、長く使うことが目的ならオーボールをおすすめします。

これからなつむんが歩けるようになったり、うまくものを投げられるようになったらもっと活躍してくれると期待しているのがオーボールです。

シリコンボールも引っ張って形を変えたりして楽しめそうですが、これからの成長を考えると体全体を動かして遊べるほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

最後に。赤ちゃん用ボールは買う時期にあったものを選ぼう

以上、オーボールとシリコンボールを両方使ってみたレビューでした。

2つのボール、おすすめの選びかた

  • シリコンボール・・・月齢が低い頃に持ったり噛んだりしているかわいい姿を楽しみたい
  • オーボール・・・活発に動けるようになって、元気に遊んでいる姿を見たり一緒に遊びたい

わたしのまんまpoint

時期によって選ぶボールを変えれば、赤ちゃんもママもよりしっかり楽しめる!

 

とはいえ、どっちがおすすめかはっきりしてほしい!という人には、オーボールとお答えします。

だって、長く使いたいじゃないですが。

でも、買う時期にあったものを選んでほしいというのが本当のところ。

赤ちゃんもそのときに使えるものがいいし、親も買ってすぐに使ってくれたほうが嬉しいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおむん

1歳のわんぱく男の子ママ。元ゼクシィBaby「ママ隊」。金融機関でフルタイム勤務、休日はアクティブに遊ぶ。「子どもも自分も楽しめる生活をする」が最近のテーマ。30代、千葉市民。FP2 級。

-子育てアイテム
-, ,