子連れ旅行・観光

子連れでみなとみらいに泊まろう。船も車もキャビンも見える「ナビオス横浜」

こんにちは、1歳のわんぱく男の子ママのなおむんです。

横浜観光で宿泊先に迷っているママにご提案です。

みなとみらいで子連れホテルなら「ナビオス横浜」がおすすめ。

隣にワールドポーターズと赤レンガ倉庫、新しくできたロープウェイも目の前。

立地が良すぎる。

そして客室からは乗り物がたくさん見えて、1歳9ヶ月の息子は長い間ご機嫌で楽しんでくれました。

この記事でわかること

  • お部屋から見える乗り物
  • 子連れ目線お部屋の設備
  • 気になる朝食ブッフェ

最後まで読めば、子どもも大人も満足できるみなとみらいステイができます♪

スポンサーリンク

子連れは観覧車側が楽しい「ナビオス横浜」

「ナビオス横浜」は、赤レンガ側か観覧車側の客室どちらか。

でも、子連れなら圧倒的に観覧車側が楽しい

指定なしのプランもあるけど、ここはぜひ観覧車側のみなとみらいビュープランを選んでください。

わたしたちは指定しなかったけどラッキーにも観覧車側でした。

客室は確か5階からで、下の階で景色がよく見えないということはありません。

みなとみらいの凱旋門「ナビオス横浜」は下層に客室なし

7階からみた様子をお届けします。

まず目に入るのは観覧車

最初に目に入るのは観覧車。

部屋に入ってすぐ外を見て興奮する息子

大人的には部屋から観覧車が見えるとかテンション上がりますよね!

1歳9ヶ月の息子はまだ楽しさに気づいてないっぽかったけど・・・。

夜は色が変わるし、もうちょっと大きい子は見てて楽しいんじゃないかな。

ランドマークタワーと遊園地が部屋から見えるってけっこうあがるポイント。

夜ー!!

船は屋形船や水上バスも

息子は観覧車よりやっぱりこっち。

ボートっぽい船、観光船、何種類かの船が通ります

息子「ぼぼー!」を連発。

でも常に船が通るわけじゃないので、「ぼぼ!ぼぼ!(船がいないじゃないか!)」と母に訴えかけることも何回か。

これはこれで大変でした・・・。笑

それと、水陸両用バスが入水するところも見えます!!

水陸両用バス!

息子はわかってるんだかわからなかったけど、母はけっこう興奮。

日本丸の近くに水陸両用バス乗り場があって、ホテルの対岸なのでよく見えました

ワールドポーターズに行く車

それから「ぶぶ(車)!」も楽しんでいました。

ワールドポーターズ脇を通る車が下に見えて、日中「ぶぶ」はたくさん。

ワールドポーターズの駐車場前の道が見えます

これは助かる。

夢中で見ていました。

目の前にロープーウェイ

2022年開業したロープーウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が目の前。

左がキャビン乗り場、右がナビオス

息子はロープーウェイを見るのは初めてじゃないから理解はしてるだろうけど、

船や車に比べると興奮は控えめでした。

もうちょっと大きくなってくると楽しいのかな?

それからロープウェイが見えるホテルならではの珍しい光景も。

営業していない間キャビンは全部しまわれているみたいでロープだけになっている様子や、

営業開始前に試験用なのかゴンドラ1台だけ動いていたり、

ホテル側からどんどんキャビンが出始めていく貴重なシーンも見れます。

駅まで続く遊歩道から

「YOKOHAMA AIR CABIN」を見てみる

スポンサーリンク

朝食ブッフェは子どもも大満足

ホテルに泊まると朝食をつけるか迷うもの。

「ナビオス横浜」は素泊まりと一人1,000円くらいしか変わらなかったので、今回はブッフェにしました。

結果、とてもよかったのでおすすめします。

ここに泊まるなら朝食なしはもったいない

子どもが好きなメニュー

おかゆはないので離乳食期の赤ちゃんは別途食事が必要。

だけど、離乳食を卒業していたら食べれるものはけっこうあります

爆食い息子

白米や味噌汁、スクランブルエッグ、ポテト、ハンバーグ・・・。

息子は保育園で食べて気に入っていたのか、大人のお皿に乗っていたきんぴらを欲しがってクリーンヒットしてました。

普段家で出してなくても、保育園で食べていて好きになっているものを発見するチャンスかも

ガラス張りで景色を楽しめる

3面ガラス張りで天井も高く、気持ちいい空間で食事ができます

雰囲気よき

ドラマ「マイファミリー」の最終回にも出てきたんだとか。

宿泊した日は曇りだったけど、それでも景色がよくて満足度高め。

外にすずめがたくさんいて、息子も見て楽しんでました。

子ども用食器・イスもある

子ども用の食器やイスはちゃんとあります。

ベルトなしなので、お座りしだしたばかりの子はチェアベルトがあったほうが安心

スポンサーリンク

お部屋の設備もOK

子連れホテルで気になるのが、設備。

わが家はビジネスホテルにも宿泊するのであまり気にしてないけど、最低限気になることを確認してきました。

わたしたちが泊まったのは「ツインルーム」。

他のお部屋タイプだと違うかもしれないので、参考までに。

スペースけっこうありました

ベッドが心配なら和室もあります。

窓際にイスを動かせる

どこのホテルでも、子どもって外の景色を見たがるもの。

ましてや「ナビオス横浜」は外で動く乗り物を楽しんでもらうために泊まると言ってもいいくらい。

安心してください、ちゃんと動かすイスがありました。

ずーっと眺めていました

ベッドは簡単に壁際へ

ベッドが動かせないホテルもあるけど、ここはキャスター付きで簡単に動かせました

子どもが夜落ちるのを防ぐために、ベッドが壁にくっつけられるかどうかってけっこう大事

反対に窓際にくっつけてあげると、外を見やすいのでそれも嬉しいポイント。

コップ類は注意

唯一気になったのは、お茶碗セットが子どもがしゃがんで開けられる引き戸の中にあったこと。

割らずに済んだけど、息子が1回持ち出したあとは届かない場所に移動しました。

お部屋に入ったらまず最初に動かしちゃいましょう。

スポンサーリンク

さいごに。好立地な「ナビオス横浜」でみなとみらいを楽しもう

以上、子連れでみなとみらいに泊まるのにおすすめ「ナビオス横浜」のご紹介でした。

まとめ

  • 船、車が部屋から見えて子どもがご機嫌
  • 逆側の客室もあるので相談要
  • 朝食ブッフェは会場が素敵
  • 小さい子でも食べられるものがたくさん

みなとみらいにはホテルがいくつもあるのでどこにすればいいか迷いますよね。

乗り物好きの子どもと行くなら「ナビオス横浜」は自信を持っておすすめできます。

子どもが楽しんで外を眺めている間、ママはゆっくりしてください。

素敵なみなとみらいステイを♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおむん

1歳のわんぱく男の子ママ。元ゼクシィBaby「ママ隊」。金融機関でフルタイム勤務、休日はアクティブに遊ぶ。「子どもも自分も楽しめる生活をする」が最近のテーマ。30代、千葉市民。FP2 級。

-子連れ旅行・観光
-, ,